プロフィール

トト00

Author:トト00
MYブログへようこそ!
社会の出来事をともに考えましょう!
「お悩みハンター」を活用してください。
http://blog-imgs-17.fc2.com/t/o/t/totoa1892/IMG_3501s.jpg

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも一覧

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての面接で失敗 本命なので緊張して

 Q 初めての面接試験、あがってしまい、失敗しちゃいました。本命の会社ということもあり、緊張しまくり。自分の意見がまとめられず、入社したい気持ちが伝えられないまま終わってしまいました。自宅に帰って大泣き。気を取り直さなくちゃと思っているのですが…。(21歳、女性、東京都)

自分らしさ出せば道開ける
 A 初めての面接なら、あがらない方が不思議。失敗も当然ですよ。

 最初の入社試験で合格、などという人がいたとすれば、何とつまらないことでしょう。内定をとることだけが就活の目的ではないからです。

 ハードなプロセスを通して自己を見つめ、社会を見る目を鍛えさせてくれるのが就活の財産です。その意味では、人生や社会勉強の場であり、自立した大人になるための過程でもあるのです。

 「もう、前髪たらすのも、就活ネクタイもやめました」

 最近、A君はこう語りました。自分らしさを押し殺してまで、会社にこびる面接はもう嫌だというわけです。Bさんは、すでに複数の内定をもらっていますが、とくに合格を意識した面接対応をしたのではなく、自分の夢を素直に語っただけといいます。希望の業界にほぼ内定したC君もストレートに“自分”を出したらいい結果になったそうです。

 3人に共通するのは、いわゆる“面接テク”ではなく、肩ひじ張らないで、自分の生き方を表現している点です。それが面接官の求める人材と一致。結果が後からついてきたようです。

 確かに就活は大変。正解も偏差値もなく、正答を自らまとめなければならないからです。

 でも、会社に自分らしい生き方、働き方を自然体でアピールできた時、あなたの進路は必ず開けますよ。


教育評論家 尾木 直樹さん
 法政大学キャリアデザイン学部教授。中高22年間の教員経験を生かし、調査研究、全国での講演活動等に取り組む。著書多数。


スポンサーサイト

きらり理系女子

研究と家庭 両立ムリ? 国が支援 追い風吹く


 “男子は理系、女子は文系”“研究と家庭生活の両立はムリ”―そんな風潮もまだまだ強いなかで、研究者を夢見て頑張る理系女子たち。国が支援に乗り出すなど、追い風も吹き始めました。(学生は仮名)坂井 希

 「高校ではクラスで紅一点。大学も、受かってびっくり、100人中女子は4人でした」。都内の大学工学部(4年生)の古屋茜さんが語ります。

 理・数・工学系に学ぶ女子学生の多くが、こうした体験に直面します。「男子とも話せるので孤独感はないけど、周囲の目はプレッシャー。『女で理系に来るからには、よほど覚悟があるんだろう』みたいな(笑い)」と古屋さん。

将来不安
 研究者を目指す理系女子にとって、一番の不安は将来のこと。身近に女性の先行モデルが少ないからです。古屋さんの研究室の教授も50代男性。“24時間研究漬け”の姿を見るにつけ、「女性が研究者になったら、結婚や出産はできないんだろうな」と思うと言います。

 別の大学で薬学を専攻する大橋春香さん(3年生)も、「女性は研究者として脂が乗ってくるころと出産・育児の時期が重なる」と不安を口にします。「授業で研究者の心得について話してくれた講師は全員が男性。参考にならなかった」

 日本の研究者に占める女性の比率は12・4%(2007年)。国際的に見て最低レベルです。

 少ない理由を女性研究者に聞くと、トップは「出産、育児、介護など」。「評価、昇進、処遇において女性が不利」が続きます。

粘り強く
 個人の努力や家族の支えを頼みに、いばらの道を歩んできた女性研究者たち。1975年、大阪で第1回婦人研究者問題全国シンポジウム(日本科学者会議主催)が開かれたころから、粘り強い運動が始まります。

 2002年には、12の理工系学協会が男女共同参画学協会連絡会を結成。賛同が広がり、参加学協会は67にまで増えました。

 政府も2000年代に入り、本格的な支援を始めました。02年、文部科学省が「女性の多様なキャリアを支援するための懇談会」を設置。翌年の報告で、大学教員の新規採用は「30%程度は女性を」と提言しました。06年の科学技術基本計画には「女性研究者の活躍促進」が盛り込まれ、各種の女性研究者支援制度(表)がスタートしました。

 文科省の担当者は「優秀な女性が研究を続けられなければ、日本の科学技術の発展もない。これは政府あげての掛け声だ」と言います。男女共同参画学協会連絡会の中村正人委員長(宇宙航空研究開発機構教授)は、「長い運動の積み重ねがあって少しずつ変わってきた。われわれの取り組みは、悪すぎたバランスを普通に戻すという当たり前のこと」と話します。

低すぎる若手研究者の地位
 女性研究者支援の広がりの一方、男性を含む若手研究者の状態悪化が深刻です。大学院博士課程を出ても安定した職に就けず、ポスドク(短期契約の非常勤研究員)などで当座をしのぐ人が多数に上ります。

 ある女性ポスドク(32)は「収入は低く、社会保険に入れない場合もある。身分が不安定で自分の研究に専念できない。男女共通です」と話します。同時に女性特有の悩みも。「将来が見通せない状況では、結婚や出産に踏み切れない。付き合っている男性もいるし子どもも欲しいけど、年齢的にタイムリミットはそう遠くない」

 日本の高等教育予算は貧しく、大学への交付金は毎年削減されています。国立大が法人化された03年以後、削られた人件費は479億円(06年度)。旧国立大時代の助手の初任給1万人分です。

 若手研究者の不安解消には、高等教育政策の転換が不可欠です。
 男性研究者を含めた「働き方の見直し」も課題です。お茶の水女子大は「9時―5時」体制を全学的に実施し、研究者が定時に帰れて業績もあげられる環境の達成を目指しています。

 前出の古屋さんは言います。「女性は困難が多い分、研究の社会的意味などを真剣に考えている面もあると思う。女性がもっと増えて研究の分野で輝けるように、政府は支援を強めてほしい

大学が子育てサポート 東京農工大
 東京農工大(本部=東京都府中市)は、06年度の文部科学省科学技術振興調整費「女性研究者支援モデル育成」事業に採択、女性キャリア支援・開発センターを設立しました。5人の専任スタッフが女子学生や女性研究者を支援しています。

 その一つが「学内研究サポートシステム」。出産・育児・介護中の女性研究者に、研究支援員を派遣するものです。「定期的に実験の下準備やデータ処理などを手伝います。一人でやるより早く終わり、保育園のお迎えに行けたりする。“大学が子育てをバックアップしてくれる”という心理面での効果も大きいようです」(同センターのコーディネーター、秋田カオリ特任准教授)

 センター長の宮浦千里教授は「女性研究者が継続して研究活動を推進できるように支援体制を整備しています。国の予算もつき、組織をあげて動けるようになったことは大きい。本学の優秀な卒業生に母校に戻っていただき、再び勉強して再起してもらえるような、本学の特色を生かした取り組みも進めています」と話します。

都会の新生活

トラブル予防の知恵

--------------------------------------------------------------------------------

 進学や就職で、都会で新生活を始める人が多いこの季節。新しい出会いや発見に胸をふくらませている人も多いはず。でも一歩街に出ると、危険な誘惑もいっぱいです。トラブルに巻き込まれず快適なスタートを切るには―。(塚越あゆみ)


--------------------------------------------------------------------------------

セールス・勧誘 対処法は?
  Q  姉が就職で上京したとき、街で声をかけられて危うく高額な商品を契約するところだった。私もこの春、都会に出てきたけれど、悪徳セールスや水商売の勧誘に乗せられないためには、どんなことに気をつけたらいい?

ついて行かず、きぜんと断る
 A  エステ、美顔器、キャバクラ、化粧品、絵画…。繁華街を歩くとさまざまな勧誘が後を断ちません。東京都では、1日から「改正」迷惑防止条例を施行。これまでの「風俗などのスカウト行為の禁止」に加え、キャバクラなど「歩行者の前に立ちふさがる悪質な客引きも違法行為」としたものの、まだまだ油断は大敵です。

 街頭キャッチセールスの被害者の多くが10代、20代の女性。「アンケートに答えて」「モデルをやりませんか」などと声をかけ、喫茶店や店舗などに連れ込み、甘い言葉をかけたり目的を隠して不安をあおったりして商品やサービスを契約させるのが主な手口です。

 声をかけやすいタイプを聞いてみると、「ひとりの人」「時間に余裕がありそうな人」とのこと。

 国民生活センター情報部の園田多美子さんが、トラブル防止のアドバイスをしてくれました。

 (1)声をかけられても応じない

 (2)万一、話を聞いてもビルや店舗に絶対同行しない

 (3)不要であれば毅然と断る

 (4)契約してしまったら、クーリング・オフで契約を解除する

 (5)何かあれば、早めに最寄りの消費者生活センターに相談を


--------------------------------------------------------------------------------

新しい活動 始めたいけど
 Q  地域や学校で、何か仲間と新しいことを始めたい。でも街や大学では、反社会的な活動をする“宗教”団体や暴力団体が潜んでいるので注意してと呼びかけているし…。どうすればだまされないんだろう?

団体の情報集め、見極めて
 A  スポーツ・文化系サークルや社会科学系の研究会など、多くは共通の目的や要求を持って、まじめに活動しています。「百聞は一見にしかず」。行動し、体験してこそ成長できるものです。

 注意したいのは、組織的に暴力や反社会的な行為を繰り返している暴力集団や、霊感商法で知られる「統一協会」など。素顔を隠して自治会やサークルを名乗っている場合があるので注意が必要です。

 原和良弁護士が教えてくれたポイントは「即断をしない」。看板に偽りがないか冷静に判断して。まずは、信頼できる友人などに聞く。どういう団体か情報を集めた上で、本当に自分に有益な組織なのか、裏付けを持って調査することが大切です。

 高額の入会金を取られたり、しつような嫌がらせの電話がかかってきたりしたら、友人や専門家に勇気を持って早めに相談してください。失敗は誰にでもあることです。

 だからと言って、内向きになる必要はありません。今は、自分が将来についてどう考えるか大事な時期。若い時の失敗や苦労は、あとで必ず役立ちます。失敗を恐れず社会に目を向けて、環境問題や人権問題、平和や経済、社会について関心を広げ行動しましょう。


--------------------------------------------------------------------------------

苦手のお酒、どう断る?
  Q  春はお酒の季節。お酒の場は苦手だけど、大学の仲間や会社の上司が誘ってくれた…どうしよう? 一気飲みをすすめられたりアルコールが飲めない場合、どうすればうまく断れる?

カド立てず気持ち伝えて
  A  上下関係がある場合は特に、断りにくいですよね。カドが立たないキーワードは「お酒にはNO、人間関係にはYES」です。

 アドバイスをくれたのは、ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)代表の今成知美さん。

 事情があって宴席に参加できなくても、「誘ってくれてありがとう」の気持ちを伝えましょう。「また次回に」「お酒は苦手だけど、今度ランチやカラオケに行きましょう」と、一言添えてみてください。

 宴席はOKでもお酒が飲めない時は、事前に幹事などに飲めないと伝えておくのも大切です。飲ませるのが「もてなし」と考えている人もいます。そんなときは「スペシャルドリンクを頼みます」とウーロン茶を頼むなど、もてなしてくれた人に配慮してください。

 一気飲みを勧められたら、場の雰囲気を壊してでも断って。無理をして亡くなったり、うつや肝機能障害などの後遺症が残る場合もあるのです。事前に準備した一発芸を披露するのもユニークな手段かもしれませんね。

 強制は人権侵害です。トイレに逃げ込んだり「気分が悪い」と言って帰るなど、とにかく自分の身を守ってください。

 宴席でもてなす側の人にお願い。アルコールハラスメント(アルハラ)は絶対やめてください。


--------------------------------------------------------------------------------

新生活応援します 民青同盟
 民青同盟中央委員会の清沢達也さん 民青同盟は日本共産党を相談相手として、メンバーの悩みや願いを出発点に活動している全国団体です。新生活の相談にも乗っています。“仲間・要求・学び”を大切にし、「学費値下げ」「若者に仕事を」などの実現を目指して運動したり、環境問題や貧困問題などを学び、学内や街頭でも加盟を呼びかけています。

 不安なことがあるときは、お近くの民青同盟や日本共産党の事務所に問い合わせることもお勧めします。

「結婚前に遊ばせて」彼の言葉にびっくり

 Q 大学入学当時から付き合っている彼とは仲もよく、結婚を考えていました。ところが彼から「結婚はするけど、その前に2年間、自由に遊ばせてほしい」という趣旨のことを言われ、びっくりしました。結婚したい気持ちも少し変わってしまいました。(22歳、女性、東京都)

自分の気持ちと向き合って
 A ブッシュはよく「戦争」ということばを「自由」ということばに置きかえて演説されていますが、あなたの彼が言う「自由」とは、なんでしょうか? 「遊び」とは、なんでしょうか? 「2年間」で、彼の気持ちにケリがつくのでしょうか? 彼のことばから考えてみますと、「結婚をしてあげる代わりに、2年間、自由に遊ばせてほしい」と、結婚に交換条件をつけてきています。彼にとって、「結婚」とは、なんなのでしょうか? 私は女性として人間として彼のことばに深いいきどおりを感じます。

 あなたにとって、「結婚」とは、なんですか? あなた自身の考えをしっかり見いだすことをまず始めてください。あなたは、「結婚したい気持ちも少し変わってしまった」。なぜですか? 自分の気持ちの変化に向き合ってあげてください。自分の心と体を大切にしてあげてください。

 それでも、彼のことが好きで、愛していて、結婚したいならば、彼にあなたの疑問や気持ちの変化をすべて伝えてみてはどうでしょう。

 彼はあなたに甘えているのでしょう。本当にあなたが彼を愛しているのなら、彼の甘えに応じるのではなく、彼がひとりの人間として自分の言動にしっかり責任を持つ人生を歩めるよう導いてあげてください。本当は彼はあなたにそれを求めているのかもしれません。

舞台女優 有馬 理恵さん
 「肝っ玉お母とその子供達」など多くの作品に出演。水上勉作「釈迦内柩唄」はライフワーク。日本平和委員会理事。


東京での一人暮らし自信ないんですが…

 Q 志望大学への入学が決まり、喜びの半面、不安も感じています。東京での一人暮らし、大丈夫かしら、友人ができるかしら、授業についていけるかしら、いろいろ考えるとだんだん自信がなくなってきます…。(18歳、女性)

自分を振り返ってみて
 A 志望校への入学、良かったですね。

 ホッと一息ついてみると、不安や心配が次々にわいてきたのですね。その気持ち、よく分かります。でも、「来年は志望校に合格できるかな? 受験勉強、1年間も耐えられるかな? 東京での浪人生活大丈夫かな?」などという浪人生の不安に比べたら、うれしい心配かもしれませんね。

 とは言っても、あなたは、「さア、今のうちに遊ぶぞ、車の免許とって、バイトするんだ」などと元気よく外に飛び出していく活動的なタイプではなさそうですね。本当に誠実で堅実なのだと思います。おとなから見ると、安心してまかせられるタイプなのでしょう。現在の自分に決して満足しないで、いつも一歩先のことを考え、自分を前進させようとする努力家ではないでしょうか。だからこそ、恵まれた場面でも、逆に頑張らなければというプレッシャーがかかるのかもしれませんね。友達をつくり東京暮らしを充実させたい、授業もしっかり受けたい―そんな目標を掲げるからこそ「大丈夫かな、やっていけるかな?」と不安が頭をもたげるのです。ある意味では前進のための不安とも言えます。

 でも、これまでのあなたの18年間を振り返ってみてください。あなたはこんな不安や心配をバネに、ここまで歩んできたはずです。そんな自分をいつくしみ、ほめてやってください。大丈夫ですよ。

教育評論家 尾木 直樹さん
 法政大学キャリアデザイン学部教授。中高22年間の教員経験を生かし、調査研究、全国での講演活動等に取り組む。著書多数。


| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。